Asobino yashiro

A comprehensive summary site on play

メニュー

ミニドローンのおすすめ!最強のドローンはこれだ!

166 views
約 12 分

航空法の対象外でどこでも自由に(一部対象外)飛ばすことができる200g以下のミニドローン!今回は、その中でも特におすすめできるミニドローン(トイドローン・ホビードローン)をご紹介させて頂きます!今現在も1位はダントツでDOBBYドローンなのか!?

※航空法以外にも【小型無人機等飛行禁止法】【電波法】【公園条例重要文化財保護法プライバシー・肖像権、軽犯罪法、個人情報保護法】【道路交通法】などがあり、そちらはミニドローンであっても対象外とはなりませんので一度ミニドローンを飛行させる場合は確認の上、ルールを守った飛行を行いましょう!





はじめに!ミニドローンとは

まずはじめに知って頂きたいのが、私は大きく分けて2つのドローンがあると分別しています。それはミニドローンとドローンの2つになります。どうして分別したかと言いますと、この2つのドローンには決定的(超重要)な違いがあるのです。その違いとは【航空法というルールを無視できるか!できないか!】がこの2つには大きく関わってきます。

後程ドローンを飛ばす際に関わってくる【航空法】に関しては説明させて頂きますが、今回紹介するミニドローン(トイドローン・ホビードローンともいう)は、航空法を無視した飛行ができてしまうのです。例えば人口が密集していて航空法で飛行が禁止されているエリアや夜間のフライトなどの航空法で定められたルールを守らなくてもOKなのがこのミニドローン(トイドローン・ホビードローン)なのです。これはドローンを飛ばす上でとても有利で便利な点ではないでしょうか!





ドローンとミニドローンの見分け方

どちらがミニドローンでドローンなのでしょうか?

では、実際にミニドローンを購入する際に、【ドローン】と【ミニドローン】をどこで見分けたら良いのか?を教えます。「ミニドローンなんだから見た目ドローンより小さければOKでしょ!」という考え方はNGです。特に上記のようなネット通販の画像ではどちらがミニドローンでドローンなのか判別するのはとても難しいです!(正解は:左がミニドローンで右がドローンです。)

見分け方は、ドローンが【大きい】【小さい】ではなく重量なんです!なので見た目は大きくても重量が軽ければミニドローンになります。

●ミニドローン:【重量200g未満】

●ドローン:【重量200g以上】

これだけ覚えておけば、ネット通販などでミニドローンを購入する際に詳細ページの【重量】のところだけみれば、このドローンは【ミニドローンなのか?】【ドローンなのか?】が簡単に分かってしまいます!





航空法とは

200g以上のドローンを飛ばす際には必ずこの【航空法】というものを守らなければなりません。一体この航空法とはどんなものなのでしょうか?分かりやすくご説明します!

①空港周辺での飛行はNG。

②操縦者がいる地面から上空150m以上の飛行はNG。

③人口密集地区での飛行はNG。

④夜間の飛行はNG。

⑤目視で確認できない距離の飛行はNG。

⑥第三者の30m未満の距離を飛行はNG。

⑦イベント会場などの上空はNG。

⑧ドローンを使った危険物の輸送はNG。

⑨物を落とすことはNG。

上記がドローンを飛行させる際に禁止されている航空法のルールとなります。結構守らなければならない事が多く狭い日本で飛行させる事ができる範囲はこの航空法でさらに狭くなっております。でも地上にいる人の安全を守る上でこのルールは絶対なのです!ドローンを飛ばさない人たちにとっては、上空にあんなデカイものがブンブン飛び回っていたら恐怖以外の何ものでも無いですからね・・・

この航空法が適応される為に「ドローン欲しいけど、色々と面倒臭そうだからいいや」と購入を諦めてる人が多くいると思います。飛行禁止エリアでも国土交通省へ手続きを行い飛行許可を得る事も可能ですが、手間もかかりますし、気軽に明日飛ばそうかっ!なんて感じには絶対にできないので、事前準備ありの気合いを入れた空撮となってしまいます。

それが・・・

トイドローン(200g未満)なら航空法対象外です!

上記のルール全て気にしなくて飛行が可能です!これは非常にありがたい事です。物凄いメリットです!①〜⑨までのルールに該当しないだけでも、物凄くドローンを手軽に扱いやすくなります。

※航空法以外にもドローンを飛行させる際に守らなければならないルールは他にもありますので、必ず全てを把握した上でミニドローンを楽しく安全に飛ばしましょう!
※ドローンの飛行禁止が出ていないイベント会場などの上空や人口密集地での飛行もミニドローンなら航空法対象外となりますが、物を壊したり、人を傷つけたりする可能性も十分にありますので、常識やモラルを守った飛行を絶対に心掛けてください!「ミニドローンなら、なんでもありやぁーー」みたいな安易な考えは持たないようにしましょう!




ドローンを持ってる人もぜひ!

すでにドローンを所有していて、ミニドローン(200g未満)は持ってない!という人にも私はオススメしています。その理由やメリットをご紹介させて頂きます。

①もっとドローンは気軽に飛ばせる!

●自分の家が人口密集地(航空法:ドローン飛行禁止エリア)にあり、ドローンを飛ばすには田舎へ移動するしかない。車か電車で長距離を移動しなければならないので気軽にドローンを飛ばせない!という方もミニドローンがあれば、自分の家の庭や駐車場・屋上などで航空法禁止エリアでも飛ばせちゃいます。なのでドローンを操縦している時間を長く毎日飛ばす事も可能で操縦の腕も上がります。墜落してしまうという、いざという時にも操縦経験が豊富であればテンパる事なく危険を回避する事も可能になります!車の運転免許取り立ての人と毎日運転しているドライバーとでは差が出るのと同じです。ドローンも飛ばせば飛ばすだけ上手になっていきます。

②落下させてもダメージがミニ!

●ミニドローンなら万が一墜落させても気持ち的に楽です!ドローンに比べるとミニドローンは購入費用もミニです。1台20万する高額ドローンを墜落させるのと、物凄くやすく買えるミニドローンを墜落させるのでは全然精神的ショックが違います。しかも重いドローンなら確実に木っ端微塵に破損してしまう高度から落下させても、ミニドローンは軽いので衝撃があまり加わらずに小傷程度で済んだ事もあります。毎日ミニドローンを気軽に飛ばし、操縦スキルをアップさせておけば、本格的なドローンを飛ばす時にテクニックが上達しているので墜落を回避する事も可能です。

③本番前のテスト飛行に便利!

●航空法でのドローン禁止エリアを国土交通省に申請し飛行許可を撮る前に、予めミニドローンがあれば予行練習が可能になります。ミニドローンでも色々と種類があり飛行距離が長いのもありますので、事前にミニドローンを飛行させる事で本番前の練習が簡単にできてしまいます。(この角度で飛ぶと電線が映像に映るとか、この時間に飛ばすと逆光でイマイチとか全部ある程度確認できます。)





ミニドローンの性能

本格的なドローンに比べてミニドローンはちゃんと飛ぶのか??いくら安くてもまともに飛ばないのなら買ってもしょうがないと思っている方に、実際に遊びの社でミニドローンを購入したドローン好きなメンバーがいるので、その性能とやらをご紹介したいと思います。

①最近のミニドローンはかなり進化した!

以前ドローンが出始めの頃に発売されたミニドローンははっきり言ってオモチャでした。ドローンの形を真似て作った全くの別物という感じで飛行性能は不安定でまともに飛ぶことはできないし、ろくな写真や動画も撮れませんでしたが、ここ最近ではミニドローンはとてもよく出来ていてかなりの完成度だと思います。

②屋内でも屋外でも飛行可能に!

最近のミニドローンは以前に比べかなり飛行性能もアップしています。小型なので屋外の狭いスペースでも飛行が可能であり、多少の風にも耐えられるようになったので屋外での飛行ももちろん可能です。一丁前に同じ位置で常に停止して飛行するホバリングも安定してできるようになりましたし、かなり遠くまでドローンが飛行できるよう通信系も安定してきました。

③なんとGPSまで搭載されているミニドローンも

なんとGPS搭載のミニドローンもあるので、屋外で飛ばしてもかなり安定した飛行が可能となり、飛ばした地点もGPSで把握している為、自動帰還モードまで使えるようになり、ボタン一つで簡単にミニドローンを手元に帰還させる事も簡単に。もう100回以上のフライトをしていますが、全て紛失する事なく帰還しています。

④4K撮影やフルHD動画撮影もできる。

なんと4Kでの空撮写真撮影・フルHD動画撮影が可能なミニドローンも出始めました。ミニドローンは軽い機体なので風の影響を受けやすく、左右にフラフラする場合がありますが、ブレを電子的に制御する事ができるブレ防止機能を搭載しているモデルもあり、ブレない動画をミニドローンで撮影する事も今では可能になりました。

⑤ワンタッチ自動運転アクションも充実。

ワンタッチで自動帰還は勿論のこと、ワンタッチで操縦者を追尾したり、顔認識機能やプログラミングに従った自動操縦・上空を円を描くように自動飛行など色々なアクションがボタン一つでできるようになりました。どうしてもドローンの操縦が苦手という人も自動でかっこいい空撮動画がミニドローンでも撮れてしまいます。

⑥スマホやタブレットで映像を見ながら飛行可能に。

以前のミニドローンは、いかにも安価な作りのオモチャみたいな小さな専用コントローラーが付属していましたが、現在発売されているミニドローンの中には、本格的ドローンと同様ドローンの機体に付いているカメラのビジョンを見ながら飛行する事が可能になりました。ラジコン飛行機やヘリコプターのように、ドローンの機体を見て操縦するのではなく、画面に映った映像を見ながら飛行する事も可能になりました。





最強のミニドローンは??

価格が安いので、色々なミニドローンを購入し飛行させましたなかで、最も優秀で最強だなと感じたミニドローンを主観ではありますがご紹介させて頂きたいと思います。




ミニドローン:第①位


コメント:ZeroTech社のミニドローン【DOBBY】は2016年10月に発売され、当時DJIのドローン【SPARK】に近い定価54,800円で販売され、ミニドローンの中では圧倒的に高額なドローンでした。発売から3年近く経った今でもこの高性能な性能を上回るミニドローンは発売されておらず、数々のミニドローンを購入した私の中で、ダントツの名機であると言っても決して過言ではありません。しかも現在は価格も値下がりし、なんと3万円代でDOBBYが手に入るようになりましたので、ミニドローン最強を手に入れたい方はこちらの購入をオススメします。このミニドローンDOBBYのどんなところが凄いのかはこんな感じです。

  1. GPSを搭載している。
  2. 4Kでの写真撮影・フルHD動画が可能。
  3. 機体がブレても映像がブレない電子制御搭載。
  4. GPSで屋外でも安定した飛行と安定したホバリングが可能。
  5. 折りたたむとIphoneXくらいになるのでズボンのポケットに楽に入る。
  6. デザインがゴツくなくオシャレ。
  7. スマホ一つでDOBBYを操縦可能。
  8. ワンタッチ操作で様々な自動飛行が可能。自動追尾や上空旋回などその他色々。
  9. スマホでリアルタイムの映像を見ながら飛行できる。
  10. ワンタッチ操作で自動帰還してくれる。
  11. カメラ角度調整可能。
  12. 飛行時間9分。
  13. 飛行距離100m〜150m。

ミニドローン:第2位


コメント:続いてオススメ度【第2位】は今年発売された期待のミニドローン【Hory Stone HS120D】です。性能的にはややDOBBYに一部分は劣る物の専用コントローラー付きで、この価格でここまでできればとても凄い事だと思います。DJIのインスパイアに似ているデザインがカッコイイですね。

  1. GPSを搭載している。
  2. フルHDサイズ写真・動画が撮影可能。
  3. 最大飛行時間32分も飛べる。
  4. カメラ角度調整可能。
  5. GPSで屋外でも安定した飛行と安定したホバリングが可能。
  6. ワンタッチ操作で自動帰還してくれる。
  7. 専用コントローラー付き
  8. 機体の方向に迷わないヘッドレスモード搭載。
  9. 飛行距離300m。

ミニドローン:第3位


コメント:最後に紹介するのは上記の2つよりさらに小型なミニドローン!ドローンで有名なDJI社が開発に関わっているのでミニドローンでも抜群の安定感で安心です!プログラム操作が可能で自分が作ったプログラムに従って自動でドローンが飛び回るのはとても魅力的です。

  1. プログラミング飛行可能。
  2. 720pのHD動画撮影が可能。
  3. 専用コントローラーかスマホで操縦。
  4. 超小型・軽量80g。
  5. 風の無い屋内でなら安定したホバリング可能。
  6. 飛行時間13分。
  7. 飛行距離100m。
  8. DJIフライトテクノロジー。




まとめ

以上が私が最もオススメするミニドローンベスト3です。紹介した3つはそれぞれ優れた点があり、【DOBBY】なら4Kで空撮写真撮影できる!【HS120D】は飛行時間がミニドローンでも長い。【TELLO】は自分でプログラミングした自動飛行ができるなど各ドローンに長所があります。その中でも特に私が推すミニドローンはやはり何と言っても【DOBBY】ですね。飛行時間が短い以外は全てパーフェクトです。ブレのない綺麗な4K写真・フルHD動画や程よい大きさで飛行も安定しててGPS付で丸くてパールホワイトのボディーがオシャレです。ぜひ皆様もミニドローンを手に入れてみてください。きっと楽しいと思います。最後までご覧くださいましてありがとうございます。





最後に!!

ドローンはオークションやフリマアプリで新品価格よりもかなり安く購入可能ですが、その分正常に飛ばない物が多くあります。見た目は美品であっても、無風の室内でのホバリング時なのに、徐々に動いてしまったり、バッテリーが弱っていてメーカーが発表する飛行時間よりかなり短い場合もあります。ドローンは精密機械ですので、ちょっとした落下でも安定した飛行ができなくなる場合があります。ミニドローンでもGPS付きのドローンなら機体が多少歪んでいても、その場に止まろうと制御し始めますが負荷がかかり電池の消耗が激しくなります。新品購入で初期不良があればすぐに交換してくれますし、末長く大空を飛ばすなら新品での購入の方が安心感が違います。俺は腕があるから、ホバリングしなくても平気という方は中古品でも問題ないと思いますのでそちらをオススメします。

contribution by OYASHIROSAMA

スポンサーリンク

この記事を書いた人

遊びの社神主(管理人)oyashirosama
Webサイト遊びの社の代表としサイト管理をさせて頂いております。メンバー達の色々な知識・知恵をおかりし、最大限にその魅力が伝わるようなサイト作りを心掛け、これからも続けていきたいと思いますので、これからも遊びの社を宜しくお願い申し上げます。
Follow :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE