Asobino yashiro

A comprehensive summary site on play

メニュー

秩父やまなみチーズ工房:秩父グルメ情報

1594 views
約 14 分

今回は都心から電車・車でわずか2時間以内で行く事が可能な秩父グルメ情報と致しまして、秩父やまなみチーズ工房の魅力をお伝えしたいと思います。秩父やまなみチーズ工房は地元(秩父)の豊かな自然が生み出した美味しいミルク・水・農産物などの厳選素材だけを使用してナチュラルチーズを作っています。都心からそう遠くない秩父ですが、そこには豊かな大自然があり、様々な観光スポット・パワースポット・グルメなお店などが数多くございます。都会の生活に疲れたら、日帰り旅で最強のリフレッシュができる秩父へ行ってみることをオススメします。

今回のグルメスポット:秩父やまなみチーズ工房

今回秩父のオススメグルメ情報としてご紹介させて頂きますお店さんは、CHICHIBU YAMANAMI CHEESE FACTORY【秩父やまなみチーズ工房】です。秩父やまなみチーズ工房は秩父市下吉田に店舗がございます。Google mapにも登録されていますので、「秩父やまなみチーズ工房」と入力すれば簡単にGoogleナビで道案内してくれます。早速訪れてみると、のどかな風景が続く道の先に、淡いブルーとホワイトのオシャレで可愛らしい工房が見えてきました。

お店の前には看板がありそこには、CHICHIBU YAMANAMI CHEESE FACTORY【秩父やまなみチーズ工房】のロゴマークが描かれていました。ここで私的に物申したいのですが、「皆様はお気付きですか?」そうなんです!ロゴマークに使用されているブルーとホワイトのテーマカラーがお店の外観の色と一緒なんです。この統一感。私はこういう細かいところまでこだわっている、洗練されたブランディング感が物凄く大好きなので、入店する前から本当にワクワクしてしまいました。

さらに店内に入店して驚いたのが、なんと店内の半分がオープンキッチンならぬ、オープン工房になっていたのです。販売ブース側のガラス越しからオープン工房を覗いてみると、秩父やまなみチーズ工房の店主さんがチーズを作っているところを見る事ができました。工房も白をベースにしたとても清潔感のある工房内で、見てて良いなら一日中見ていたくなるような光景でした。

お話を伺ってみると、毎日朝一番で牧場へ向かいチーズになる材料(ミルク)を調達し、その後こちらの工房でチーズを作っているそうです。つまり今ショーケースに並んでいるナチュラルチーズたちは、店主さんが隣のオープン工房で作ったばかりの作りたてのチーズなのです。厳選された素材は、秩父の豊かな自然が生み出した、美味しいミルク・水・農産物を使用して作っています。このナチュラルチーズの味は【ここでしか作ることのできない秩父の味】であり、店主さんのこだわりの作り方と秩父の大地が育てた素材が融合し生まれる、ここでしか食べることのできない唯一無二のナチュラルチーズなのです。

ショーケースに並ぶナチュラルチーズ

  • Slide image
  • Slide image

こちらがCHICHIBU YAMANAMI CHEESE FACTORY【秩父やまなみチーズ工房】で作られるナチュラルチーズになります。どれも美味しそうで全部買いたくなってしまいますが、何度も来たいお店なのでここは我慢で3種類のナチュラルチーズを本日は購入しました。パッケージデザインもこれまたオシャレでお土産・プレゼントとして誰かに渡す時も最高にGOODです!

今回購入したナチュラルチーズ

今回購入したナチュラルチーズは以下の3つです。オススメのモッツァレラチーズと食後のスイーツとして、ストロベリーオンブラン!そしてお土産にフロマージュブランをGETしました。

CHICHIBU
YAMANAMI
CHEESE FACTORY

秩父やまなみチーズ工房
フロマージュブラン

CHICHIBU
YAMANAMI
CHEESE FACTORY

秩父やまなみチーズ工房
ストロベリーオンブラン

CHICHIBU
YAMANAMI
CHEESE FACTORY

秩父やまなみチーズ工房
モッツァレラチーズ

気になるお味は

  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image

今回はどのような料理に使用してみようかと色々と悩んだ結果、まずは素材本来の味を楽しんでみようと思いそのまま食べてみる事にしました。モッツァレラチーズもフロマージュブランどちらも口に入れた瞬間からジュワッと濃厚な味と風味が口の中いっぱいに広がりました。そして驚く事に食べ終わった後も、しばらくその風味が口の中に残り続ける程濃厚な味わいのチーズです。

最後に食後のスイーツとして購入したストロベリーオンブランは、秩父のイチゴ農園として有名なただかね農園のイチゴを贅沢に使用していて、高級なイチゴの酸味・上品な甘さに、秩父やまなみチーズ工房のナチュラルチーズの相性は抜群でした。まさに夢のコラボレーションと言ったところでしょうか。

秩父やまなみチーズ工房:FACE BOOK

CHICHIBU YAMANAMI CHEESE FACTORY【秩父やまなみチーズ工房】のFACEBOOKでは、ショップの地図・連絡先・営業時間等がご確認頂けます。新商品のお知らせ・販売している商品など投稿記事も頻繁に更新されているのでFACEBOOKアカウントをお持ちの方は、ぜひフォローしておくことをオススメします。

Screenshot

秩父やまなみチーズ工房 FACE BOOK

秩父のおいしいミルク、豊かな自然が生み出した水や農産物を生かしたナチュラルチーズを提供してまいります。

NEWアイテム

先日、秩父やまなみチーズ工房へ行ってきました。今回紹介致しますNEWアイテムは、ナチュラルチーズと秩父の農産物(塩トマト・ドライトマト・ナッツ・ニンニク・バジル)が入ったオリーブオイルです。これまたオシャレな瓶と可愛いラッピングが素敵です!

CHICHIBU
YAMANAMI
CHEESE FACTORY

秩父やまなみチーズ工房
チーズのバジルオイル漬け

今回の調理方法は

  • Slide image
  • Slide image

今回はオイル漬けになるのでそのまま味わうのではなく、このチーズのバジルオイル漬けを使って私流のオリジナルパスタを作ってみる事にしました。フライパンに油の代わりに、まずこちらのチーズのバジルオイル漬けのオイルだけをフライパンに入れ、そこにきのことベーコンを入れて炒めます。続いて茹でたパスタをフライパンに入れ、先程のきのこ・ベーコン・バジルオイルをパスタに絡めながらサッと素早く炒めます。パスタが硬くならないよう作業はテキパキやりましょう。最後にチーズのバジルオイル漬けの具(ナチュラルチーズ・塩トマト・ドライトマト・ニンニク・ナッツ)を入れ更に炒めて出来上がり!(味付けはお好みで!)最後にお皿に完成したパスタを盛り付けたら、生ハムをパスタの上に乗せ完成です。ポイントは一気にチーズのバジルオイル漬けを全部入れずに、先にオイル・最後に具材と分ける事です。最初から全部入れてしまうとチーズが溶けてなくなってしまうので注意してください。

まとめ

今回は観光・グルメ情報をテーマに、都心からも近く大自然のある秩父市に出かけてきました。ぜひ皆様も秩父へ観光・レジャーに行った際は秩父市下吉田にある、CHICHIBU YAMANAMI CHEESE FACTORY【秩父やまなみチーズ工房】に行ってみては如何でしょうか。秩父市の吉田ではあまりピンとこない方が多いと思いますが、分かりやすく言いますと、秩父を舞台にした大ヒットアニメ(あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない)の作中でも出てくる【龍勢祭り】で有名な場所が秩父市吉田です。最後までご覧くださいましてありがとうございました。

ontribution by Minimalistener

スポンサーリンク

この記事を書いた人

遊びの社BloggerMinimalistener
Minimalistener(ミニマリスナー)いう名前で活動し、遊びの社ではブロガーとして記事を掲載しています。最近加入したばかりの末っ子メンバーです。主に旅先で訪れた場所の情報提供を掲載しています。宜しくお願い申し上げます。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE