Asobino yashiro

A comprehensive summary site on play

メニュー

これからのSEO対策|2020年以降は速度優先サイトは時代遅れ!

134 views
約 8 分

2020年以降のSEO対策に力を入れサイト構築をしていこうと思っている方に、表示速度優先型でサイト構築するのはもう時代遅れのSEO対策だと当方では考えています。一体それは何故なのか?その理由を今回はまとめてみました。



今は表示速度(スピード)が優先される時代!

Googleでもウェブサイトのページ表示速度を早くしましょう!と推薦しているように、現在は重いサイトより軽いサイトの方がSEOで優遇されやすいというロジックとなっています。実際に当サイトでも同じ内容のブログ記事にて、ABテストを行い検証したところ、軽いページの方が表示順位がずっと高くなるというデータ結果が出ましたので、今現在では表示速度を早くする事はSEO対策の一部として効果があるとされています。

表示速度検証内容

検証した方法はブログ記事で行いました。文章は5000文字程度でハイクラスの一眼レフで撮影した高解像度(7000pixel×5000pixel)の写真を5枚貼り付けました。1つの画像は20メガバイト程度あり、このブログ記事1つで100メガバイトを越えるファイルサイズにしました。このブログをインデックスさせ、3ヶ月間表示順位を日々確認しましたが、結果は言うまでも無くビックキーワード検索では3ヶ月間圏外でした。

その後、貼り付けてある写真の解像度を(960pixel×540pixel)1枚あたり250キロバイトにサイズダウンし、3ヶ月間表示順位を確認したところ、日々順位が上がり3ヶ月後にはビックキーワードで検索しても1ページ内に掲載するようになりました。このように現在ではサイト内をできるだけ軽く再構築するだけでもSEOに効果的と言えます。

AMPの活用

その他にもスマホユーザー向けの対策として、AMP(Accelerated Mobile Pages)というモバイルページを高速に表示させるためのものを導入するという方法もあります。WordPressなどではプラグインをインストールすれば簡単に今あるページをスマホ用に高速表示させるAMPにする事が可能です。(自動でAMP化したページによってはエラーが出る為サーチコンソールにて確認しエラー修正していく必要があります。)



今後のSEOにスピードは必要ない理由

現在どうして表示スピードを早くする事でサイトが優遇されるのか?ですが、現在ではPCを使いウェブサイトを閲覧するユーザーは、ごく僅かとなり大半のユーザーがスマホでサイトを閲覧する時代となりました。当方調べでは、通販ショップなどの訪問者データを確認しても、8割がスマホ・2割がPCという分析結果がでております。

スマホの場合月に通信できるサイズには制限があり、通信プランが多いものでも50ギガまでで、家庭の光回線などで使用するPCと違い無制限ではありません。月の通信制限が3〜5ギガまでのプランで契約している人もかなり多くいます。そういった制限があるスマホでファイルサイズの超重いサイトを開かせるのは致命的です!その他に調べたい情報を検索でググったりする人も多くいますので、ページが重くなかなか表示されないウェブサイトは、ユーザーもページからすぐに離脱してしまう為、Googleの方でもページ表示速度は重視しているのです!

ですが・・・!!!

もうその時代も終わりがくると私は勝手に確信しております。何故なら時代は4Gから5Gへと切り替わるからです。最近では6Gの世界ではどうなる?という話題すらでている時代で通信速度云々などと言っているのは正直どうかなと思いっています。

4G→5Gに変わるとどうなる!?

4Gの通信速度は100Mbps~1Gbpsですが、5Gでは最大100Gbpsとなり「100倍以上」早くなると予測されています。例えば、4Gなら10秒かかるデータ通信も5Gであれば0.1秒未満、一瞬で終わる計算であり、コンテンツの表示やダウンロード時における「待つ時間」が限りなく少なくなります。

UNIONNET

2020年から5Gがスタートとなり、上記のように今現在の4Gより100倍通信速度が上がるのです。今まで開くのに10秒かかったデータが0.1秒で開く時代はもう後数ヶ月に迫っています。それに伴い携帯電話会社も通信制限が無制限のプランをついに発動させました。そうなった場合、今後早く開くだけの単純な作りのウェブサイトって重要視されます?ハッキリ言って重要視されませんよね。0.1秒を下回る速さの戦いをしたところで、端末自体のスペックと人間の目が追いつかないですから無意味だと私は考えています。



スポンサーリンク

これからのSEO対策

通信速度が現在の100倍の速さとなる時代に突入した際に、SEOのロジックはスピード重視型ではなくなると予想しています。そうなった場合どの様なサイトが好まれるか?というと、その逆で1つに内容がギッシリとつまったウェブサイトだと考えています。

今や誰でもインターネット上に情報をは発信できる時代となり、その情報量は44ZB(ゼタバイト)にもなります。細かな情報が無数に溢れています。膨大なデータが一瞬で手に入る時代に切り替わった場合どうなるかというと、小さな情報は今後消えていくのではないかと当方では考えています。銀河系で例えれば星屑は今後消え去るのです。大きな太陽系が目立つ世界が来るのではないか!?と考えています。

ブログを例とすると、今まで情報量の多さでブログページが重くなる事を気にし小出しに分けて情報を投稿していたブログ記事は今後好まれなくなるのです。1つのページに膨大な情報が集まるページの方が好まれると考えています。

膨大な情報が一瞬で開くのであれば、その中で自分の得たい情報を全て探す事が可能となります。何度も何度も検索欄に同じ語句を入力し、様々なサイトから小出しにされた情報を集めていく必要が今後無くなるからです。



情報は膨大だけど快適に!

今後AIの人口知能が加速し人間に近い考えのAIがあなたのサイトを審査してくる事でしょう。そうなった場合閲覧しているユーザーが不快に感じるページは優先されません。膨大な情報を大量に1ページに詰め込んだだけでは意味がありません。膨大な情報から瞬時にユーザーが得たい情報へと導く事ができるサイト構築を行わなければなりません。

検索しヒットしたページを開いた場合、膨大な情報量のページTOPから始まり、目次から得たい情報をユーザーに探させるのではなく、検索した段階でヒットした内容の部分からページがスタートする機能を備えたり、ユーザーが興味を示した記事内容をもとに目次の順序が自動的に入れ替わるようなシステムを作る事が理想です。

大手オンラインショップなどではユーザーが閲覧した商品をもとに、自動的に関連商品が入れ替わるシステムをすでに導入しています。大手だけではなく今後個人でもプラグインなどで簡単にその様な事ができる時代になると思います。膨大な情報を持ち、尚且つユーザーが瞬時に得たい情報のみを得る事ができるサイト構築が好まれると考えています。

伝わりやすいビジョンへ

重いデータを瞬時に表示できる時代になれば、停止画では伝える事ができなかった事を動くビジョンで伝える事が可能となります。今現在YouTubeなど動画サイトのリンクを貼り動画で分かりやすく紹介しているページも、今後は動画サイト自体を個人で所有する可能性も十分にあり得ます。

今現在停止画をGIFで動かすと解像度がとても悪いですが、今後はデータが重くなっても特に問題ない通信速度になるので、高解像度でGIFになるような新たなものが生まれる可能性もあります。膨大な情報を1ページにまとめればその分ページは長くなります。ユーザーのスクロール作業を減らすためにも、1スクロールでドンドンと情報が切り替わるような仕組みのサイトが良いでしょう。ブロガーでも今後はアニメーション制作やユーチューバーの様な動画編集もできるスキルを身に付ける必要があるかもしれません。



まとめ

長々と記載してしまいましたが、簡単に今後のSEO対策をまとめさせて頂きますと

  • 表示速度の優先のSEO対策はもう必要ない!
  • 理由は間も無く4Gから5Gへと切り替わり現在より通信速度が100倍早くなるから!
  • 今後のSEO対策は、速度低下を恐れ細かくした情報を1つにまとめる事!
  • まとめた膨大な情報の中から、ユーザーが瞬時に得たい情報を見つける事ができるような工夫を行う!
  • 停止画から動きのあるページへシフトする。
  • 動画や動きのあるもの(アニメーション)など用いて1スクロールで大量の情報を表示する。

今後遊びの社では、このような方向でSEO対策を考え実行して行きたいと思っております。吉とでるか凶とでるかは別としてやりたい事をやっていく!遊びの社はそれで良いのです。誰かがやらねばその先の結末を見る事はできないので、現時点で高解像度の画像をバンバン貼っていますが、今後はさらにサイトを重たくしてやろうと考えています。8000pixel近くまで撮影できる一眼レフで撮影したものをそのままブログにアップロードしたり、4K・8K動画も今後に備え撮影して行きたいと思います。行末をお楽しみに!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

遊びの社神主(管理人)oyashirosama
Webサイト遊びの社の代表としサイト管理をさせて頂いております。メンバー達の色々な知識・知恵をおかりし、最大限にその魅力が伝わるようなサイト作りを心掛け、これからも続けていきたいと思いますので、これからも遊びの社を宜しくお願い申し上げます。
Follow :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE